So-net無料ブログ作成

ツァイス イコン [銀塩カメラ]

 東京は中野の「フジヤカメラ」のTwitterによれば、カール ツァイスとコシナがコラボレートして作り上げた「ツァイス イコン」と「ツァイス イコンSW」が製造中止になった模様である。
 およそ7年ほどの販売期間だったろうか、残念ではあるが、フィルムカメラの販売数が激減する状況で、よくもまあこれまで発売を継続していたなあと思うのが正直なところだ。
 エプソンR-D1のこともあるからデジタル化への道も不可能ではないと思うけれど、高額なライカM9が好調な販売を続けているようなので、仮に価格が安くても厳しい競争になるのは間違いないところだ。それに、カメラの性格上、フルサイズセンサーを搭載しなければどうしても訴求力は弱くなってしまうだろう。先のことはわからないけれども。
 私は両機のユーザーだが、ライカマウントの28ミリレンズを使用する場合は、ファインダーフレームの見やすさから、ツァイス イコンは必ずと言ってよいほど持ち出していた。以前のミノルタCLEの代わりをしたのである。有効基線長も長いので、正確なフォーカシングができることもよい。機能的には、あまりツッコミどころのなく、ソツがなく出来上がったカメラだと思う。
 ただ、あえて言うとするならライカMマウント互換機としては、逆に突っ込まれる要素がもっとあったほうが話題になったのではないかと今さらにして思うのである。富士のX-Pro1がよい例である。

zeiss ikon02.jpg
ツァイス イコン。とんがった機能はないけど、安心して使えるカメラである。ミノルタCLEが最近怪しくなった個体が増えていることもあり、存在意義はまだあると思う。 

zeiss ikonsw02.jpg
ツァイス イコンSW。ライカMDをAE化したようなものだ。色違いの3点LED表示でおおよそのシャッター速度がわかるという興味深い機能。ライカMマウント互換機としては唯一無二のもの。
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 4

コメント 7

jkz

おはようございます。
フィルム機がデジタル機と大きく違うところは、まずはフィルムが売れてくれないとカメラの需要も次第に下がってくるところですね。写真を撮る道具としては圧倒的に長寿な製品が多いにもかかわらず、そこがなんとも歯痒いです。
私もどこかでその記事を目にしてコシナのHP上で確認してみましたが、「シルバーボディの生産は終了」とはっきりアナウンスはしているものの、ブラックボディについての記述が無いところを見ると…いや、やはり終わりなんでしょうね。
by jkz (2012-12-09 09:15) 

Koichi Akagi

おっしゃるとおり、フィルムカメラは長寿ですが、フィルムがなくなるとただの置物か、下手をするとゴミになります。ただ、前にも書きましたけど、実際は困る人は限られた人だけなので、大問題にはならない。私はたいへん困るので、プライベートでは無理やりフィルムカメラを使っております。
by Koichi Akagi (2012-12-09 12:10) 

かいはら

このままのデザインで、フルサイズデジを出してくれたらと思ったりしてます。
by かいはら (2012-12-09 21:00) 

Koichi Akagi

前面デザインはこれでイケるかもしれないけど、うまく落としどころに収めることができればいいのですが。ライカも厚みありますよね。需要と価格面でも考える必要があり、ライカMの半額でも厳しいのではないでしょうか。ブランドにうるさい人は必要以上にケチをつけそうだし。エプソンR-D1なんかを見るとほんとそう思います。レンジファインダーカメラって、私たちの周りでは愛用者多いですが、全体でみればマイノリティーですし。ライカも次の方向はレンジファインダーカメラであるとは限りませんね。
by Koichi Akagi (2012-12-09 23:32) 

ぶれげ

はじめまして
レンジファインダーのユーザーの多くは、ライカかライカ以外という視点で見てしまう傾向があるので、やはり難しかったのかもしれませんね。
数年のうちにフルフレームミラーレス機が発売されるであろう事を考えると、デジ版の登場や成功もやはり難しい気がします。
コシナのアフターサービスは、私の知るカメラメーカーで最高ですので、今あるカメラを長く使っていくしかないのでしょうね。グレーのベッサTを使いながら、そんな事を考えています。
by ぶれげ (2012-12-10 03:20) 

Koichi Akagi

たしかにライカとそれ以外という図式はあると思います。写りは変わらずとも、連綿と続く歴史の重みでしょうか。でも珍品のライカで喜ぶより、比較的廉価なライカマウント互換機で撮影したほうが、肩のチカラが抜けたよい写真が撮れそうだと思うのですが(笑)。
by Koichi Akagi (2012-12-11 17:19) 

bpd1teikichi_satoh

はじめまして爺もライカとツァイスイコンのユーザーなのですが爺位の
歳に成りますと、デジタルカメラに少し飽きてしまい最近銀塩カメラに急速に回帰しております。昔銀塩カメラを使い慣れた人は、永く銀塩カメラ
を使うと想います。団塊世代が此の世から消えた時、銀塩カメラが無くなるのではないかと危惧するのですが、最近若い人達の間、特に女性の間でも銀塩カメラが静かなブームの様ですね。カメラも人が使う道具の為、自分の思い通りに操作したい願望が有り、現代のデジタルカメラ余りにも機能が多すぎて、爺にとって必要の無い機能が(例えば動画機能)多過ぎ単純な銀塩カメラに回帰したい様な気分に成るのだとも想います。然し最近購入したニコンDfとオリンパスOM-D E-M1はかなり気に入っています。

by bpd1teikichi_satoh (2014-02-28 02:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。