So-net無料ブログ作成
検索選択

ツァイスの魅力1 [カメラ]

 カール ツァイスレンズの魅力とは何ですか?と、2013年を迎えても知人から質問がくる。あー面倒くさい。だって、何度もこれはカメラ雑誌でも自著でもさんざん述べきたつもりだから読んでね、と投げてしまいたいが、ま、仕方なし。
 でも、逆の意味では、カメラのスペックマニアさんには通用しない話ばかりなので、こういう質問を受けた場合は、相手がどの程度の写真的なスキルがあるのか見極める必要がある。真面目な人は、製品の本質しかみないからね。
ご存知のとおり、スチルカメラ用の交換レンズとしては、いまコシナとツァイスのコラボレート企画による製品を指すのが一般的である。ニコンFマウントのものだと最初は電子接点のないZFマウントだったけど、いまではCPU内蔵のZF2マウントに進化している。ZEレンズってのはEFマウントですね。
 この企画が始まった時、日本で製造されるツァイスは本当のツァイスなのかと答えるのもバカらしい質問が多くきたので、コシナの工場に取材に行ったけれど、それこそクリーンルームでの組み立てと、厳格な検査に舌巻いてこちらも疲れましたわホント(笑)。ツァイス設計のレンズで、ツァイスの検査受けるんだから、どこで作られようがおんなじでしょ。
zeiss1.jpg
ちなみにオーバーコッヘンと本家のイエナのツァイスでハッセルのレンズを組み立ててるところも見学したことありますけど、そのへんの小さな建屋のフツーの部屋でおばさんが作ってたぜ、って、あまりバラすと夢が壊れますね(笑)。
zeisslens.jpg
それにしても、現行で用意されている一眼レフ用の交換レンズもライカMマウント互換のものも当然のようにMFレンズである。
 正直なところいくら性能がよいからといって、ビギナーさんに積極的におすすめできるものではない。ツァイスの思想からすればAF動作を行うためのレンズ設計をしたくない、という頑さがある。かつての京セラとかいまのSONYのツァイスレンズはAFのものもあるのに、汎用性のある交換レンズの場合は妥協したくないということなのだろうか。だからツァイスのチカラを思う存分発揮させるにはいかにピント合わせを正確に行うかにつきる。レンジファインダー用のZMレンズはユーザー側に理解があるし、使う人もそれなりにわかっているから説明する必要もないだろう。しかし、問題は一眼レフ用の交換レンズである。
 今は一眼レフもライブビュー撮影できるし、となれば画面の一部の拡大も行うことができる。静止した被写体なら誰にでも正確なフォーカシングが出来ると思う。
 肝心のOVF(光学ファインダー)ではどうなのさ、というと、たしかに心もとない。フォーカスエイドを全面的に信用するってのもどうかと思うし、なにせAF前提で設計されているいまのAF一眼レフのファインダーでピントのヤマを見極めるのはけっこう慣れが必要だ。しかもボケ味なんかは撮影画像とあまりにも違いすぎて驚かされることがある。広角域の大口径レンズなんかではピント合わせが厳しいことこの上ないのだ。
 ま、いま原稿書いているんで具体的なことは後で語るとして4年前のデジカメwatchにまだ記事が残っていたのでここでも見ていてください。落ち着いて気が向いたら続き書きます。それにしても、いま確認したらピント外している写真があるな。ご愛嬌ですな(笑)
nice!(6)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 6

コメント 3

shin.sion

始めまして!過去記事を含めて楽しく拝見すると共に勉強になりました。

ソネットてブログお持ちだとは知らなかったのでビックリしましたが今後の
更新も楽しみしております。


by shin.sion (2013-01-05 19:53) 

hironeko

年末年始に中国東北部のハルビンに行って写真を撮りました。
その時持参したのがZMマウントのDistagon 4/18 とBiogon 2.8/28 。
いずれも限りなく零下30℃近い場所で使っていたのですが、
ヘリコイドの感触が室温20℃の状態と比べて
ぜんぜん変化しなかったことに驚いた(@_@;)のと同時に
使い勝手の良さに妥協しないところもまたツァイスの魅力だなと思いました。
by hironeko (2013-01-07 14:13) 

Koichi Akagi

ツァイスが指定するグリースを注入しているとかいうことで、コシナで製造しているツァイスをオーバーコッヘンで耐寒試験しているところも見学しました。
by Koichi Akagi (2013-01-08 14:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。