So-net無料ブログ作成

富士フイルムX-T1(その2) [デジタルカメラ]

富士フイルムX-T1、発売開始されたようで、SNSをみていると、けっこうはしゃいで使っている人が多い。
出来上がりの写真に直結するような、X-T1には機能的飛び道具は採用されてはいないのだけど、支持者が多いということは、本当に求められているからなんでしょうね。アサヒカメラ3月号でもレビューしているので、そちらもご参考にどうぞ。
今回、カメラ以上に関心したのはスーパーEBCフジノンXF56ミリF1.2Rの性能。35ミリ判換算で84ミリ相当の大口径中望遠レンズ。開放から合焦点はかなりぴしっときて、意外に周辺域でも性能低下が小さい。
光学性能もさることながら、X-T1で使うとバリバリピントが合う(あまり良い表現じゃないけど、そういう感じなんですわ)。とにかく、短い時間でポートレートを計500ショットほど撮影したけど、ほとんど開放絞りで撮影しているのに合焦率はこちらの不手際を除けば、90パーセントを越えているのではないかと。これは脅威だ。
 デジタルカメラが超高画素化してからは、どうにも一眼レフの位相差AFの不審から、この種の大口径レンズを使う場合はライブビューや拡大MFにしてピントを合わせているが、これだと一眼レフを使う意義がなくなってしまう。X-T1ではやはり像面での測距が効いていて、高い精度が望める。それに56ミリとう適度な焦点距離のため、適度に被写界深度があり、35ミリフルサイズの85ミリF1.2みたいに、まつ毛にピントが合うと眼球は完全にボケちゃうみたいな不自然な写真になるリスクが小さいのもマル。
coto001.jpg
窓からの大逆光の条件で、絞り開放というヤバすぎる設定。しかも、いいかげんなんであまりハレ切りにも気を遣っていないのだが、性能面では驚き。これは量産試作レンズだから、製品版はもっといいかも。カメラはAE、AFまかせでパチパチ撮って、確実にピントが合って、このくらいの描写が得られるなら、もう失業してしまいそうですぜ(笑)。JPEGの撮りっぱなしなんだが、色合いもいい。
富士フイルムX-T1 EBCフジノンXF56ミリF1.2R 絞り開放 AE AWB ISO200 JPEG
モデル:「coto」(PINTOMODELS
モデルのcotoさんは撮影会にも出ています。興味のある方は撮影会PINTOにどぞ。
nice!(15)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 15

コメント 9

photoyatra

このレンズ、よく写りそうな外観をしていますね。ポートレートを開放で撮影して合焦率90%以上はすごい性能です。AFは顔キレイナビでしょうか。
by photoyatra (2014-02-20 20:24) 

Koichi Akagi

photoyatra さん、このレンズ外観はそう色気があるとは思えないのですが、たいへんよく写ります。AFは書き忘れましたが、測距枠をノーマルよりも小さくして、ピンポイントで狙っています。開放でもフォーカスをまず外すことはありません。
by Koichi Akagi (2014-02-21 09:23) 

photoyatra

絞り開放でピントがくるのはミラーレスならではのメリットでしょうか。開放で顔キレイナビで撮影した場合の合焦率に興味があります。機会があるときにレポートをお願い致します(待ちきれずに自分で買って試してしまうかもしれませんが)。
by photoyatra (2014-02-21 22:55) 

パンダ

富士フイルムは、135サイズ「ネオパン400PRESTO」と120サイズ「PRO400」の販売終了をアナウンスした。払底予想時期:2014年6月
かなり悲しいニュースです。特に、ネオパン400PRESTOは、痛いなあ~。400となると、コダックの400TRI-XかT-MAX400。なんか、違う。
やはり、移行しかないのか~。フィルム派としては、ツライです。

by パンダ (2014-02-23 20:32) 

Koichi Akagi

photoyatraさん。ちょっと試してみますが、フォーカスの精度に関してはデフォルトでも、大口径レンズの絞り開放時には明らかに位相差AFよりも精度が高いことは間違いないですね。
by Koichi Akagi (2014-02-24 17:04) 

Koichi Akagi

パンダさん。私もプレストの終焉に関してはたいへん失望しております。
が、必要以上に騒ぐのはヤメて、私はモノクロフィルムは素直にTri-XとT-NAX400、イルフォード400デルタとHP5にすべて移行いたします。価格の差異はありますが、世の中の動向をみれば諦めるしかないです。
by Koichi Akagi (2014-02-24 17:08) 

AC点火派

X-T1いい感じですね、実は自分の場合はこのマウント用に用意されたディスタゴンとプラナーが気になって気になって… 余裕がなくて今は計画のみですがツァイスをつけるボディーはX-Pro1かそれともX-T1で迷っております。このメーカーのカメラでえはいまだにX-100を愛用しておりますが、コンタックスG2に耽溺していた時期がありましたので、興味津々であります。
by AC点火派 (2014-03-02 12:54) 

Koichi Akagi

AC点火派さん。ツァイスもよい性能なんですが、純正フジノンがあまりにもよいので、なんか騒ぎづらく。Pro-1はスナップ撮る人なら最高のパフォーマンスを示します。T-1でももちろんよいのですが、棲み分けできると思いますよ。
by Koichi Akagi (2014-03-24 23:31) 

Koichi Akagi

AC点火派さん。もしハイブリッドビューファインダーが必要なら、X-Pro1で、必要ないならX-T1かなと。まったくの想像ですがX-Pro1の後継ってすごいカメラになるようにも思いますが。
by Koichi Akagi (2014-05-02 00:18) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。