So-net無料ブログ作成

宮本常一のオリンパスペンS [本]

 平凡社から発売になったばかりの宮本常一と写真宮本の愛機であるオリンパスペンSのことを書いた。
ペンSは今もなお自分の戦力の一員であるから思い込みも強い。
 宮本常一は説明する必要はないだろうけど有名な民俗学者であり、膨大な記録写真を残したことでも知られているが、かなりの数の作品をまとめてみたのは今回がはじめてである。
芸術ではなく記録写真を撮れと宮本はいうけれど、記録という意味だけでシャッターを押したとは思えない写真が沢山出てくる。普通の民俗学者は写っているものの意味を読み解くことに重点を置くのだろうけど、宮本の写真は写っている意味の裏側に“何か”が潜んでいるのである。これをまた芸術と呼ぶのは野暮というものであろう。
IMG_1944.jpg
 ペンSはハーフサイズカメラだけど、その描写性は侮れない。記録という意味で写っているものを仔細に読み解くには写真からの情報量が重要になるのだが、ペンSの描写はこの期待に応えている。
 露出計が内蔵されていないカメラは発売時では珍しくもないが、ペンSは露出決定とピントは自分で行わなねばならない。姿カタチからすればアマチュアのためのカメラという存在だが、きちんと写すには最低限の写真撮影知識が必要である。だから姿カタチがカッコイイからと言って安易に購入しないほうがいいですぜ。あとは私みたいに専用純正フィルターとフードなんかを血眼になって探したりするのも反則ですからね。



nice!(10)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 10

しばちゃん2cv

こんばんは。
宮本先生の著作は何冊か読ませてもらいました。
penが愛機だったのですね。知りませんでした。
by しばちゃん2cv (2014-09-18 21:40) 

GAMERA

赤城様おはようございます。
オリンパスネタ大好きです。オリファンとしては嬉しい限りです。
このpen-S、実物見た事ないんですよ。
pen-Dは見つかるんですが-Sなかなか無いですね。
by GAMERA (2014-09-19 06:42) 

Koichi Akagi

しばちゃん2Cvさん、当然カメラ遍歴はあったのですが、最終的にペンSに落ち着いたようであります。
by Koichi Akagi (2014-09-19 12:10) 

Koichi Akagi

GAMERAさん、ペンSよりタマ数はわりとありますが、以外に高いですね。警察関係用にブラックペイントボディがあるようですが、これは見たことはないです。
by Koichi Akagi (2014-09-19 12:12) 

細野

狙っているカメラの1つです(笑)小ぶりでシャッター音が静かで沢山撮れて…スナップに最適かと(^^)ハーフサイズカメラ使ったことないんですが、四ッ切くらいまでは大丈夫でしょうか?
by 細野 (2014-09-19 21:26) 

そーちゃん

赤城さま、こんばんは。。。

思い付きから数年来探していたライカのステマー用の外付けファインダーを3年ほど前に単独で購入し、お気に入りのペンワイドに載っけて、スナップを楽しんでいます。縦型で画角も丁度合い、ほぼ等倍なので撮っていて気持ちイイです。
時々、そのファインダーをペンスケールと差し換えるのですが、まあ、どちらもペンワイドの様なカメラには必要もなく、ただの自己満足です(笑。
ハーフのイイところは、張りつめた緊張感が72枚もたず、レリーズが必然的に適当になってくるので、時々、思いもよらない写真が撮れるところでしょうか(笑。
by そーちゃん (2014-09-19 22:51) 

Koichi Akagi

細野さん。デジタル高画素の画質とどうこうという話でなければまったく問題ありません。実際半切に引き伸したことありますが、ブレやボケに注意すれば問題なかったですね。細かなところまで解像しているからどうの、って内容の写真には向かないですけど。
by Koichi Akagi (2014-09-20 14:06) 

Koichi Akagi

そーちゃんさん。ステマー用の外付けファインダー!!なるほどそういう使い方がありましたか。ペンスケールはさすがに持ってないですねw。
おっしゃるとおり、デジタルカメラでは72枚なぞあっという間なのに、フィルムハーフサイズでは撮り終わらず難儀するのが不思議。この研究はしっかりしたいところです。ちなみにペンFにモータードライブがあったら(試作ではあるのに)借金しても欲しかったですね。
by Koichi Akagi (2014-09-20 14:10) 

そーちゃん

確か米谷さんのお話しでは、バッテリーとモーターの小型化に限界がありモータードライブの商品化を断念したとか・・・。
実現していれば、東京五輪で活躍したかも・・・(笑。

ペンは、ゼンマイを巻くようで・・・、巻き上げが楽しいですね。
親指が痛くなりますが・・・。
by そーちゃん (2014-09-21 15:25) 

Koichi Akagi

そーちゃんさん。往時の技術レベルでは小型化は難しかったのでしょうねえ。でも多少大きくなってもいいからニコンS3Mみたいな感じで作れたらなあと夢想します。まあS3M+モードラの天文学的価格を考えると、モードラの需要は少なかったんだろうなあと。フィルムも今よりも高価でしたし。
by Koichi Akagi (2014-09-21 17:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。