So-net無料ブログ作成
検索選択

ニコンD750 [デジタルカメラ]

 昨今は一眼レフを使うことが少なくなったんだけど、キヤノンからはEOS 7D MarkIIが、ニコンからはD750が登場して話題になっている。いいですね、日々EVFを見つめ続けていると逆にOVFが新鮮。両機はAPS-Cとフルサイズという違いはあるんだけど、最近はどちらでも好きなほうを選べばよろしい感じ。
 本来はフィルム時代からのシステムを継続し展開している一眼レフのシステムの場合はフルサイズがスジとは考えてきたことは確かだけど。
 でも個人的にあれだけ大騒ぎしてきたフルサイズにもほとんどこだわなくなってしまい、これには自分でも呆れている。今ではフィルムカメラの経験のない人に「フルサイズの何がいいの?」と質問されると、うまく答えられない自分がいたり。業務はともかく、一般的な写真制作の場においては、画質が、高感度がどうのと言っても以前ほどは強い説得力を持たないように思うわけ。ISOが万の単位で設定できても何撮るんだろ?
 それにセンサーサイズの違うカメラがたくさんあるってことは、それだけ買う理由も見つけることができるわけだからそれはそれでいいと思うんだけど。つまらん画質比べなんかより重要だと思うんだけど、どうでしょうかね。
d750.jpg
 D750はバランスのとれた優れたカメラでした。シャキシャキ動作するし。かつて、D700と一ヶ月でお別れした身としては、なんかまた共にやっていけるような気もしている。
 もっともフルサイズでの初のチルトがどうのってことはどうでもよくて、でもソツなくまとめてきた感じがします。フルサイズに適した仕事があればすぐにお越しいただいきたいけど、この状況ではねえ。それにうちの手元には新しいニッコールレンズがないという大きな問題がある。理由はさんざん書いてきたので繰り返しませんが。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。