So-net無料ブログ作成
検索選択

ニコンDfとオールドニッコール [ニコンDf]

ニコンDfは年が明けても快進撃販売中らしく巷での話題も多い。カメラ雑誌からもあいかわらずDfに関してあれこれと相談される。さて、これはいよいよもって買わねばならんなあと思っているのだが、まだ品薄状態が続いているようで、いまだに入手できていない。
レビュー用にほとんど間をおくことなくDfが手もとには来ることもあり、それで買えない溜飲を下げている。それにしても、だいたいのカメラはしばらく使い込んでゆくと、気に入らないところとか、ホコロビが見えたりするものだけど、Dfは使うごとに楽しくなってゆく。姿カタチのデザインだけをウリにしたギミックではなく、実際に使ってストレスがないのはホンモノである証だろう。それでもイヤなところをひとつだけ言えば、バッテリーメディアスロットの同居かなあ。

あらためて思うに、画像の質が秀逸である。古ーくてあまり印象が残らないニッコールレンズでも、Dfで撮影すると、おお、これはいったい何なのか、という画像が撮れたりするのはかなり不思議である。やはりニコンD4と基本的な画質は同じというから、画像の生成がハンパでなく優れているからだろう。
お古ニッコールの作例をひとつ挙げておく。レンズはニッコールオート35ミリF2.8。これも最初期のものとは設計変更はあったらしいのですべて同じ傾向かと一概には言えないけど、フィルムで撮影すると、とくに印象に残らない描写だった。中古市場での人気も低い。

df35mm.jpg

もともと、レンズ先端が白くて、レトロ感強くてデザインはいいんだけど、とくにモノクロフィルムでの写真は印象が浅い。35ミリレンズ好きのワタシとしても、何か記憶に残らない。ところがDfで撮影するとパリっと撮れる。

nikkor35mm28.jpg
ロケの移動中になにげに軽く撮影した1枚。Df+ニッコールオート35mmF2.8(Ai改)。ピーカンで順光というベタな条件だけど、フィルム時代は好条件で撮影しても、少しユルさを感じていたレンズなのにDfだと感じないのは不思議。シングルコート。色の偏りもない。絞りf8 AE AWB ISO400

なおカメラファンのこのボディで使う、この1本でも、いくつかのオールドニッコールとツァイスを紹介中であります。
次号のアサヒカメラ2月号でも、同様のお古ニッコールでの撮影を行っており、これまでとは少し異なる切り口で作例作りました。
nice!(17)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ルミックスGMに似合うレンズ [デジタルカメラ]

本年もどうぞよろしくお願いします。やる気のないブログではございますが。
ま、覚え書きの延長みたいなものなので許してくださいませ。

ルミックスGMにお越しいただいてからというもの、毎日持ち歩いていて、何らかの写真を撮っているのだけど、キットレンズ以外のもので、装着意欲の涌くレンズって以外に少ない。GMがあまりにも小さいからだろう。
小さいカメラに大きなレンズって、時にはミスマッチの粋みたいなものが感じられることもあるのだけ
どGMはあまりに小さいので、本気で装着レンズを選ぶ必要がある。大きなレンズをつけると大木にとまっているセミみたいな感じになる。

IMG_0868.jpg

ズイコーデジタル50-200ミリF2.8-3.5 SWDを装着したGM。AF動作はすっごく遅いけど、いちおう使える。緊急事態の時はいいかもしれんが、さすがのミスマッチ好きの私でも引いてしまうなー。

GMについてるキットレンズのルミックスGバリオ12-32ミリF3.5-5.6はたいへん高性能だし手ブレ補正も入っているしバランスもいいのだがフォーカスリングを使用してMFができないのが反則。というかこのレンズは便利すぎて、レンズを交換したくなくなるのがよくない。というかせっかくレンズ交換できるのだから、とにかく何か別のレンズをつけたい(笑)
いちばん良いのはルミックスG14ミリF2.5パンケーキかなあ。

IMG_0865.jpg

でもオーソドックス感が強すぎてつまらないといえばつまらない。
M.ズイコーデジタル17ミリF1.8も相性としてはいいんだけど何かが違うんですよね。その何かがよくわからないんだけど(笑)
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート