So-net無料ブログ作成
検索選択

コシナ・フォクトレンダー・ヘリアー40mmF2.8 [レンズ]

 ヘリアー40mmF2.8はずいぶんと変わったレンズである。VMマウント(ライカMマウント互換)でありながら、使用カメラはα7系のEマウントカメラを使うことを前提としている。
 装着するには同社のVM-Eクローズフォーカスアダプターを使用する必要があるわけだけど、その回りくどさは凄いものがある。
 VM-Eクローズフォーカスアダプターは決して廉価ではないが、海外製のアダプターの作りとは一線を画したものである。こうした凝った作りこみのレンズを作ってしまう企画力は大きなカメラメーカーでは決してできなることのない技であろう。昨今のクラシックレンズブームにあえて同じ土俵で挑んだ最新のレンズという意味あいもあるが、少しアイロニーにも感じられることも興味深い。

herriar4002.jpg

 ライカM系のカメラやレンズのことならなんでもわかるぜ、という人ならば必要ないけど、このレンズの意味するところを普通の人(笑)にも知っていただくためにカメラファンのサイトでもレビューしている。
 肝心の写りに関しては、クラシカルな構成を保ちつつも非球面レンズを巧みに使い、高画素のデジタル画像にも対応させようという試みのようだが、個性があって好きな描写である。
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ワイドローライ用のフード [銀塩カメラ]

 フード病が再発である。今回のは重症でワイドアングルローライフレックス用の純正フードである。オークションサイトで発見したのは友人だけど、普段はこういうものは自らが見つけないように注意はしているのだが、行きがかり上、強く頼んではいないにのまわりの人が見つけてくれるから困ることになったりする。いや、ほんとは少し嬉しい。装着感触も想像以上(笑)
wfood01web.jpg
 ブツ自体はオリジナルのものなら珍しいのだろうけど、これはローライフレックス4.0FW用に復刻したものであり、価格は高いけど珍しいものではないだろう。位置的にそうしているのだろうが、オリジナルのワイドローライのバヨネットにも装着できる。当然発売時期が異なるから強力なローライコレクターさんには不評ということになるのだろうな。
 いちばんマズいのは効果のほどはどうなのよ。ということなのだが、もちろん極端な斜光線以外は役立ちそうにない。では、なぜ欲しいのかと。カッコつけです。それのみでありますね。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。