So-net無料ブログ作成
検索選択

EOS M3を使い始める [デジタルカメラ]

 カメラを発売日当日に購入するのは久しぶりだ。EOS M3がうちにやってきた。EVFとのキットが安い価格設定だったので仕方なくお越しいただいた(笑)という理由もあるのだけれどね。
 初代Mからのユーザーとしては、「最初からこれくらいのスペックで出してよ!」と言いたくなるのだけれど、周りの様子というか、自社のEOS一眼レフの環境をみながらミラーレス機をどう位置づけるのか。ある意味では矛盾して見られかねないから、一眼レフとミラーレスを共存させるためのラインアップを今もまだ慎重に組み立てている最中なのであろう。
 画質だの画素数にはあまりこだわらないけど、EOS M3の画質はなかなかバランスのよい感じで、EOS Mもアサインメントに投入してきた私としてはありがたいことこの上ない。マウントアダプターでのEFレンズの動作もまずまずである。ただ、依然としてマニュアル露出時にはシャッター速度と絞り値の設定値がそのまま反映されてしまい、これを解除できないのは困る。たとえば低輝度下において、マニュアル露出で外部ストロボを使うような場合はEVFもライブビューも設定値によっては真っ暗になってしまうことがあり、フレーミングができなくなるからだ。早急に改善を望みたいが、まあ、そういう使い方をするのはごく一部の人なんだろうけどね。
eosm3p2.jpg
 M3といえばライカM3という時代がかなり長く続いてきた。今回のM3はライカほどのインパクトはまったくないけど、ソツのないまとめ方をしてきた使いやすいカメラに仕上げてきたところに好感がもてる。ふたつのM3で撮影に行く日も近い。でも、デジカメの進化スピードを考えるとすぐに「M9」まで到達しちゃうと思うぞ。
 キヤノンは「1」の称号が好きである。「M1」はミラーレス機時代が主流となる時代となるまで、あえて温存しているのかもしれない。
nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。