So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オリンパスOM-D E-M1ムック発売 [本]

 モーターマガジン社からオリンパスOM-D E-M1オーナーズブックが発売された。
主要な機能解説やレンズのレビューなどを担当させていただいたのだが、仕事をしながらOM-D E-M1は仕事に間違いなく使用できると確信した。
 もっともオリンパスのEシステムは初代から仕事にも使っているけど、単独の地方ロケなどでの使用が多く、すべての仕事に持ち出していたわけではないが、E-M1ならあらゆる撮影条件に対処できそうだ。このムックでは、ズイコーデジタルのフォーサーズマウント、マイクロフォーサーズマウントの主要レンズを多くを使用することができたこともあり、あらためてズイコーレンズの性能を見直すよいきっかけともなった。ファインディテールIIの力もあると思うのだけど、画質に対して突っ込みどころはない。とくに回折によるボケが補正されるのは凄い。また一眼レフの位相差AFと異なり大口径レンズのフォーカスの歩留まりは明らかに高い。
 それでもフォーサーズやマイクロフォーサーズのレンズだと、私が仕事上で多く使用する標準レンズ画角域では、焦点距離の短さから大きなボケが得づらいという懸念があったことは確かだ。とくにF値の大きな廉価版のズームレンズでは開放絞りでも大きなボケ味は望めない。スナップでは被写界深度が深いから標準画角域のレンズでも目測撮影できるなど逆に有利はにはなるけど。
 被写界深度のコントロールの幅は当然大口径の単焦点レンズのほうが有利。ズームの利便性に甘えるだけではなく、焦点距離域がたとえ重複しても大口径単焦点レンズを同時携行する必要を強く感じた。今回のロケでも多数のレンズを携行したが、総重量は軽く、苦にならなかったことも特筆したい点である。ボディとレンズが小型軽量であることは幸せだ。もっとも、これもトシのせいなのかもしれないけど。
z7-14.jpg
 手持ちのフォーサーズレンズがE-M1でも問題なく使えるのも嬉しかったけど、フォーサーズ→マイクロフォーサーズを繋ぐMMF-3アダプターはもっと沢山ほしいところ。E-M1を主役として使うなればフォーサーズマウント、マイクロフォーサーズマウントのレンズを混在して使う機会が増える。アダプターはフォーサーズマウントのレンズ側に装着したままにするのが一番便利なのだ。予約購入すると一個貰えるみたいですが。写真はズイコーデジタル7-14mmF4。レンズは大きいけどE-M1は十分対応できる存在感がある。かなり大きいレンズだがそのミスマッチ感がよい。
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 5

コメント 1

shin9n

こんにちわ
赤城様
オリンパスOM-D E-M1のオーナーズブックに赤城さんの司会の記事がありましたね。すっかり拝読させていただきました。
ところで、MMF-3の件ですが、実は僕は3個持っています。一個目は新品で2個目は中古品で3個目はE-1の予約でオリンパス社から送られてきました。フォーサーズのレンズ 90-250mm 50-200mm 14-35mmにあらかじめ付けています。そのほうが撮影に楽だからです。
それから、12-40mmF2.8の購入はしていません。フォーサーズの14-35mmF2.0があまりにもいいレンズだからです。欠点は重いことだけですがもう慣れました。
それから、先生のブログはリンク中で時々、拝見させていただいています。今後ともよろしくです。
by shin9n (2013-10-24 14:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。