So-net無料ブログ作成

10500円のライカR4 [銀塩カメラ]

 仕事の移動途中に銀座の某中古カメラ店に立ち寄ったらライカR4をみつけてしまう。価格は10,500円なり。もちろんボディのみね。
 ご存知の人も多いだろうけど、本機はミノルタXDベースのライカ一眼レフで、両優先AEを可能にしたことが特徴だ。このへんが軽くみられてしまう原因にもなっているのだけど、ベースにしているといっても、デザインは異なり、なかなか愛らしいカタチをしている。スクリーンの交換やスポット測光搭載、プログラムモードの設定、モードラの装着を可能にするなど、R4独自の機能もある。動作チェックしてみると、ほぼ間違いのない動作をしているようだ。XDでよくある、ミラー駆動のタイミング遅れもないし、ファインダーの腐食もなし。すでにXDベースの系統ではR7を使っているので、本当は必要はないものだけど、見ていたら可哀想になってしまい救出して、戦力に加わっていただいた。
 ベース機のXDではシャッター速度優先AEを高精度に行うためにレンズもボディ側からの絞りコントロールを確実にしたMDロッコールレンズが供給されたけど、ライカRレンズはそうした対応がなく、一部に例外はあるけど3カムやRカムレンズならほぼ問題はなく使用できる。
 シャッター速度優先AEやプログラムAEを使う場合は絞り環を最小絞り値にセットする。絞りの誤差は瞬間絞り込み測光でシャッター速度の変化させて吸収しちゃえばよいという合理的な方法だ。いわゆるミノルタが呼ぶところのサイバネーションシステムの応用である。ただし、本機にはプログラムシフトはない。
 ライカM[Typ240]で、アダプターでRレンズを生かすという方法もあるけど、可能なかぎりは一眼レフで使いたいというのが私の本音である。
 本来はAEでの撮影はほとんど行わないし、R4ではマニュアル露出時には設定シャッター速度に対して、適正露出となる絞りを読み取り、自らが方法を採用しているので、定点式のメーターとしては使えないもどかしさがある。
leicar4.jpg
 試写してみるとAEの精度も問題はないようだ。ややアンダー気味にシフトしたようにみえる露光値はライカ共通のものであろう、ポジフィルムとの相性はいい。いくら不人気で古い中古のライカ一眼レフとはいえ、この程度の評価しかつかないのは悲しい。フィルム一眼レフの衰退はひどいものである。
nice!(10)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 10

コメント 16

ブロニカRF645

フィルム一眼レフの衰退を早めたのはプロカメラマンではないでしょうか?コストパフォーマンスはプロの撮影枚数から考えると極めて高い。でも、休日カメラマンがモニターやプリンタ・HDDのバックアップ等々を準備し短いモデルライフのボデーを買い替え続けると赤字でしょう。でも、手頃な銀塩カメラの新品は市場にはありません。
先般、4年がかりでROLLEI RF35・プラナー・ゾナーが揃って銀塩を味わっています。
by ブロニカRF645 (2013-10-16 23:07) 

篠原一夫

こんにちは、ライカREを使っていました。小型でとても使いやすいカメラでした。Rはレンズも高性能で最近の評価は不当というしかありませんね。
by 篠原一夫 (2013-10-17 01:34) 

R・ライカ

渋谷でカメラを売っていた頃、R4を入荷したので「ドコに出したんです?」とフロア長に尋ねたら、「どこでんよか!お前には買えんバイ!」と言われました…。定価37万ですが29万ぐらいで売っていたような記憶が…で、探したら、プロ用品コーナーに、白と黒、お雛様みたく乾燥ケースに入れてカギをかけて置かれていました。ジーッと眺めていたら「こげんカメラば欲しいと?ミノルタのバッタモンぜ!はよ仕事せんね!」とセーム皮を渡されカメラ磨き作業に入りました。主任の気持ちも判るんですが、R4の絞り込まれたデザインは別格だと思います。フィルムカメラはもう終末ですが、その記憶は赤瀬川さんのイラストみたいに、ニコニコ漫画(無料)で、発表したいと考えています。 http://seiga.nicovideo.jp/comic/8438?track=list
by R・ライカ (2013-10-17 05:43) 

sugatyo

ミノルタXDs+Rokkor24,28,45,55,35-70 
ライカSL+Elmarit35だけ を長年愛用してきました
Elmaritはデジタルに移行しても解像度・発色が良く活躍中です
銀座中古カメラ店でHassel/ELMを棚の最上段に見つけ手に取ると
すかさづ店主が動作チェックしていませんがお安くしておきます
動かないものを売りつける気かと思ったが電池蓋アダプタなどを
いじっているうちにゆっくりとシャッターが作動した¥15.000
早速持ち帰り新しい電池を入れるとシャキシャキに蘇った
パーツをはずし全部磨き上げ 亀を救った気分で爽快感満タンであった
by sugatyo (2013-10-17 13:15) 

大野克己

いやー、パトロールはかかせませんなあ。これのもとになった機械で昔、R3とXEはマウント以外おんなじに違いない、と実は不動のR3を分解したことがあるんですが、シャシーは共通でもミラーボックスはその動くメカニズムからして全く別物でした。だからシャッター音がちがうんですね。
by 大野克己 (2013-10-17 18:28) 

Koichi Akagi

ブロニカRF645さん。プロでも銀塩写真制作を続けている人は少なからずいます。ゼラチンシルバーセッションなども行われていますし。仕事のワークフローはデジタルが主体になったということが大きい。フィルムでは不可能だったことが可能になったこともあるでしょう。自分に必要なものを使えばいいだけのことです。
by Koichi Akagi (2013-10-18 09:14) 

Koichi Akagi

篠原一夫さん。 おっしゃるとおり、あまりにRは不当な扱いをされてきたように思います。現役時代に価格が高すぎたということもあるのでしょうけど。
by Koichi Akagi (2013-10-18 09:16) 

Koichi Akagi

R・ライカさん。カメラ販売の現場でも不当な扱いを受けていたという。これは悲しいですが、量販店でのその扱いはさもありなんという感じもしました。
by Koichi Akagi (2013-10-18 09:19) 

Koichi Akagi

sugatyoさん。以前欲しかったけど手が出なかったものが廉価に売られている。もし、時間に余裕があるならフィルム入れて撮影してやってください。
by Koichi Akagi (2013-10-18 09:22) 

Koichi Akagi

大野克己さん。10年ほど前でしたか、「季刊クラシックカメラ」という雑誌で、R4とXDを分解して並べて撮影したことあります。おっしゃるとおり、シャーシは共通。一部のフレキ板などの共通点を除けば、ライツのオリジナルな部分はたくさんあって、けっこう感心した記憶あります。R6系はメカニカルだし、ライカらしい味付けは随所にありました。
by Koichi Akagi (2013-10-18 09:27) 

細野 真一

フィルムカメラは今かなり安くなっていて喜んでましたが、相場が良くならないと良い物も出てこないんだそうですね。悩ましいところです。Rでも6.2はそこそこいい値ですが…。
by 細野 真一 (2013-10-22 21:16) 

hiro

初めまして!
そんなに安く買えるんですね・・・驚きました。
当時、F-1ですら物凄く高かったのが、その倍以上したと記憶しています。
日本勢が測光方式まで手が回っていない時代に、スポット測光を用意していた辺りも、良いですね。
ミノルタも好きなので、このカメラ、結構好きです。
by hiro (2013-10-29 18:52) 

Koichi Akagi

細野さん、本当はライカRはフルメカニカルに絞ったほうがいいかなとも思ったりしたんですが。
by Koichi Akagi (2013-11-15 16:33) 

Koichi Akagi

hiroさん。
曲線をうまく生かしたカメラだと思います。XDの亜種とは思えないというか。
by Koichi Akagi (2013-11-15 16:35) 

bpd1teikichi_satoh

最近酔狂な爺はR9を手に入れました。形は一見ギミックなのですが、手に非常に良く馴染む人間工学を取り入れたドイツ的デザインのR9の素晴らしさに感激しております。レンズはズミクロンR50mmF2(ROM)だけですが、1/8000まで有る為に、全て開放で撮影しています。Rタイプのライカレンズの渋い発色が気に入っています。次にはズミクロンR35mmを欲しいと想うように成りましたが中古ライカRレンズは意外に高額で品薄です。此れは、ライカMで、アダプターを介して使う方が増えた為だろうと想います。ライカR単焦点レンズを手に入れるにはどうしたらよいかご指南下さい。
by bpd1teikichi_satoh (2014-02-28 02:46) 

永田

ライカR4を購入しようと考えていますが、お薦めの店とかご存知ですか。 銀座に数点あるようですが。 
by 永田 (2015-10-04 15:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。